ページトップ

のし袋のマナーのし袋の基礎知識

慶事

  1. 表書き
  2. 水引は、祝い事の種類で「蝶結び」「結び切り」を使い分けます。
  3. 姓名は、結び目の下に表書きよりやや小さい文字で。お返しの場合は姓のみ。
  4. のしを付けます。
  5. 内包みと上包みの向きが合うように入れ、上包みを上、下の順で折り返し包みます。
  6. 内包みの表に金額を書き、裏に住所・氏名を書きます。

お金の入れ方

紙幣の表(肖像のある面)を内包みの表に向けて入れる。また、肖像を上にするのが一般的。

紙幣は、新札が望ましいとされ、複数枚の場合は、同じ向きに揃えます。

弔事

  1. 表書き
  2. 水引は「結び切り」。
  3. 姓名は、結び目の下に表書きよりやや小さい文字で。お返しの場合は姓のみ。
  4. 弔事・お見舞い等に、のしはつけません。
  5. 内包みと上包みの向きが合うように入れ、上包みを下、上の順で折り返し包みます。
  6. 内包みの表は何も書かず、裏に金額・住所・氏名を書きます。
    弔事の場合、「也」を書かないのが一般的。

お金の入れ方

紙幣の表(肖像のある面)を内包みの裏に向け、肖像を下にして入れるのが一般的。地域により他の入れ方もあります。

新札は「事前に用意していた」という意味があり、失礼となるため、折り目の付いたお札を入れます。複数枚の場合は、同じ向きに揃えます。

水引の一例

水引をかけたものは古来より、清浄なもの、真心のこもった品である事を表しています。

蝶結び(花結び)

何度も繰り返しても良いお祝い、お礼に用います。

結び切り(真結び)

簡単にはほどけない為、一度ですませたい結婚や弔事で使います。

あわび結び(あわじ結び)

結び切りの一種として結婚式によく使われていますが、慶事・弔事どちらにも使います。

金額の書き方

一般的に、慶事・弔事とも、金額を書くときは、「壱」や「萬」などの大字を用います。

わざわざ難しい漢字にするのは、加筆による改ざんを防ぐためですので、普段使っている「一」や「万」でも失礼とはなりません。

「六・七・八」は、そのまま用います。「四・九」は、縁起が良くないので、そのような金額を包むことは失礼となります。

よく使われる大字
金額の書き方
一万円 壱萬円
三万円 参萬円
十万円 壱拾萬円

のし袋のマナー

スマホ・タブレットでも!

手帳のおまけ アプリ版 手帳のおまけ
詳しくはこちら

スマートフォンやタブレットには「手帳のおまけ」アプリをインストールしてご利用下さい。

アプリ画面

「手帳のおまけ」は、システム手帳やダイアリーに付属する付録情報を、スマートフォンでも持ち歩くことができる便利な情報アプリです。

おまけと言えども本格派。日々の生活に役立つ情報から、イザと言うときに知っておきたいマナーまで、幅広い情報をコンパクトにまとめました。

主な特長

  • 手帳の専門店が作った豊富なコンテンツを収録
  • コンテンツの索引検索
  • 良く使う項目やお気に入りをまとめるマイリスト登録
  • マイリストの並べ替えや管理
  • オフライン閲覧
  • 表示言語切替(日/英)

システム手帳やダイアリーを補完するアプリとして、今すぐダウンロードしてご活用ください。

ダ・ヴィンチグランデシステム手帳 ロロマクラシック